マリッジリングの刻印例には

結婚指輪.(マリッジリング)の刻印例には

 

・人気のマリッジリング刻印

 

マリッジリングの刻印は、マリッジリングの内側の方に記号や言葉、数字などを入れるものです。入れる内容は自由ですが、結婚記念日や二人のイニシャル、愛の言葉等を入れるものがほとんどです。

 

マリッジリングを購入した人の約9割が刻印を入れるようで、その中でもほとんどが結婚記念日とイニシャルなどです。中には言葉を入れたりする人もいますが少数派です。

 

指輪のデザインによっては刻印を入れたくても入れられない場合もあるので、マリッジリング購入の際、デザインもですが刻印もポイントにしてください。

 

ほとんどの場合、刻印は文字制限がありますので長いメッセージは入れることができません。又、漢字などは刻印が細かい為入れられない事も多く、同じ意味で言葉だと英語を使うことが多いです。

 

刻印は、シーズン前だと出来上がるまでに3ヶ月以上かかることもあるため、結婚式に間に合わせるなら早めにお願いすることが大切です。

 

 

マリッジリング刻印例

マリッジリングの刻印は、ほとんどの場合が入籍日や結婚記念日とイニシャル等の名前が多いです。結婚記念日の場合、数字で日付をいれます、例えば「20××.11.22」という感じです。

 

これに、二人のイニシャルを入れたり、夫や妻の名前だけを英語で入れるパターンも多いです。その次に多いパターンが英語で愛のメッセージを入れる刻印です。

 

結婚指輪の内側のメッセージは結婚するときの気持ちを表す言葉を入れておくと後から良いです。ケンカしたり数十年経ってから見返せば思い出もよみがえるからです。

 

他にも、おしゃれにドイツ語やフランス語で愛の言葉を入れたりするこだわり派も増えてきています。


トップへ戻る