結婚指輪をオーダーメイドで作ろう

結婚指輪をオーダーメイドで作ろう

結婚指輪選択のパターンとオーダーメイド

結婚指輪をオーダーメイドで作ろう

 

結婚指輪を購入するときは、主に3つのパターンがあります。1つ目のパターンが、一番多くジュエリーショップやブランドショップで出来上がっている結婚指輪を選び、サイズが違う場合直したりするものです。

 

これは、すでにデザインや素材などが同じものを何個も作っています。2つ目がオリジナルで結婚指輪を作るタイプです。

 

デザインから金属を固めたり、加工もしたりします、作っている場面を撮影し結婚式で披露することもあります。3つ目がオーダーメイドの結婚指輪です。

 

オーダーメイドの結婚指輪は、数あるデザインの中からある程度絞って希望を伝え、後は職人さんにお任せして作ってもらうというものです。自分の希望をかなえやすく細かい注文にもこたえてくれやすいのが特徴です。

 

 

 

オーダーメイドの結婚指輪流れ

オーダーメイドの結婚指輪を作る時は、専門の業者などに依頼しますがどのような流れで作成するのでしょうか。まずは、新郎新婦の結婚指輪の希望や詳しい話を聞くことが多いです。

 

話し合われる内容は、ある程度デザインがあってその中から選んでもらいサンプルリングなどを試着することも多いです。デザインや素材が決まったら宝石の有り無しなどでだいたいの見積もりが出ます。

 

オーダーメイドの結婚指輪の場合、この相談が2時間位かかることも多いので休日などゆっくりした日に予約して行って下さい。

 

それから職人さんが製作に入り、早くても1ヶ月、中には3ヶ月以上かかる場合もあります。多少余裕をみてオーダーメイドの結婚指輪はお願いしないと結婚式ギリギリでは心配です。


トップへ戻る