結婚指輪の役割って何

結婚指輪の役割について

 

結婚を考えている人の中には、結婚指輪をどれにしようか迷っているケースもありますがそもそも結婚指輪の役割って何でしょうか。

 

結婚指輪は、マリッジリングとも言われ古くは結婚する契約を表わす物で教会の結婚式などで神の元で交わされる神聖なものでした。

 

生涯相手を大切にし、敬うという証なので肌身離さずつけておくのが一般的です。現在の日本では、もちろん結婚の証であり世間的にも結婚している人だと認識できるアイテムでもあります。

 

お互い仕事などで離れていても結婚指輪をすることで一体感が生まれ2人の愛情も結婚指輪をしているのとしていないのでは違うと言われています。

 

結婚指輪のデザインや刻印にこだわる人も多くなっていて、オリジナリティーを求め自分で作ってしまう人さえいるのです。

 

結婚の意識を高める役割はもちろん、ファッションアイテムとして普段使いできるアクセサリーと捉えている人もいるようです。

 

意識を高め絆を深める結婚指輪

結婚する時は、誰でも愛し合って結婚します。しかし、結婚した後色々な事が合ってケンカしたり嫌になったりする事もあるのが夫婦です。

 

そんな時、結婚式の時の事を思い出せるのが結婚指輪です。結婚指輪は、よっぽどの事が無い限り外さないという人がほとんどです。

 

ケンカして勢いで外してしまった時に結婚指輪の刻印の日付やイニシャル、合いの言葉を見ればなぜ結婚したのか思い出せる事も多いのです。

 

結婚しているという意識も結婚指輪をしていると高まり他の人に目移りしませんし、夫婦の絆も強くなるのです。例え結婚式をしなくても結婚指輪をお互い持つ事は良い事の方が多いのです。


トップへ戻る