結婚指輪をネックレスにして身に着けるには

結婚指輪をネックレスにして身に着けるには

結婚指輪をネックレスにして身に着けるには

結婚指輪をネックレスにして身に着けるには

 

大切な結婚指輪を仕事の都合で外さなければならないという人もいらっしゃいます。お仕事によってはどうしても金属類を身に付けられなかったりする場合がありますが、着けたり外したりすると失くす可能性が高くなります。

 

あるデータによると女性の場合、結婚指輪を失くす人が全体の4割程で男性になると7割もの人が一度は失くしたことがあるというのです。

 

特に男性は、仕事や出かける場所に置いてきたり等何度も失くす人さえいるのです。そうならない為にもネックレスに着けておけば、失くすこともありませんし、指にはめているより傷つきにくいです。

 

ネックレスがよっぽど切れたりしない限り大丈夫なので何でも失くすような人はネックレスが良いのかもしれません。

 

 

 

指輪を通すネックレスの選び方

結婚指輪をネックレスにして身に着けたい人は、ネックレスをきちんとしたものにしてください。安物のネックレスだと後で切れたり、気が付いたら指輪がネックレスとの摩擦が原因で傷だらけになっていたという事もあります。

 

できれば、高級なものですし、プラチナなどの素材の場合傷が付きやすいので結婚指輪を購入したお店などに相談してみると良いです。

 

ジュエリーショップには、結婚指輪などのリングをネックレスに付けるリング用ネックレスというのもあります。ペンダントにしたい方には、リング用ペンダントというのもありますので、どのような形が良いのか選んでください。

 

このような専門店でネックレスを購入するとリングとの相性や傷が付きにくいかどうかも判ります。大切な結婚指輪を綺麗な状態でネックレスに着けるならネックレスとの硬さの違いも重要なんです。


トップへ戻る