マリッジリングとしてのペアリング

マリッジリングとしてのペアリング

 

・マリッジリングのペアの意味
マリッジリングは、結婚の契約の証として交換されることからペアで購入しお互いずっと付けていることが多いです。
指のサイズが変わらない限り付けていることが多いのですが、マリッジリングがペアであることには大きな意味があります。
初対面の人だとなかなか結婚されているのかどうか聞きたくても聞けないということがあります。
この時、マリッジリングをしているとこの人は結婚しているという事がすぐ判ります。
相手に対して例え好感を持ったとしてもマリッジリングをしていれば思いとどまることもできるのです。
これは、夫も妻も同じくですので世間的にも認められた夫婦の証と言えます。
一緒に2人で出かける際もマリッジリングをしていれば結婚しているカップル、していなければただのカップルと周りも認識できます。

 

・絆を強くするマリッジリングのペア
マリッジリングは、世間的に結婚しているという事を公表するときにも便利なアイテムですが、カップルの絆を強めるものでもあります。
ケンカしたりしてマリッジリングを外してしまうような人もいますが、その時に結婚式の日付や相手のイニシャルなどを見ることがあります。
中には刻印に愛の言葉を刻んでいたりするのでお互いの気持ちを再認識するのです。
マリッジリングのおかげで離婚しなくて済んだという人も案外多いのかもしれません。
夫婦は他人同士なので全く同じ価値観というのはなく意見が合わないことも多いです。
でも結婚式の際、相手を幸せにしたいとか大切にしようという気持ちを忘れがちですがマリッジリングが思い出させてくれます。
たまにはマリッジリングを外して絆を思い出すのもいいかもしれません。