結婚指輪には二人だけのメッセージを入れよう

結婚指輪には二人だけのメッセージを入れよう

 

・結婚指輪にメッセージを入れる意味
結婚指輪は、特別なリングです。
誕生日にプレゼントされたリングもそれなりに意味が合って嬉しいと思いますが結婚指輪は違う意味があります。
お互いに相手を必要とし一生共に生きるという意味があります。
その意味を形にしているのが結婚指輪であり、指輪の裏側に刻印されるメッセージなのです。
結婚指輪に入れるメッセージは、結婚式の日付や2人の名前などが大半です。
いつまでもその日を忘れないようにという意味もありますが、最近ではそれに愛の言葉を加える傾向が強くなっています。
英語で永遠にあなたを愛するとか、いつもそばにいるなど日本人が普段は使わないような言葉ですが、結婚指輪の裏側に刻まれるから意味があるのです。
2人だけの秘密の言葉で結婚指輪の価値をさらにアップできます。

 

・結婚指輪にぴったりなメッセージとは
最近では、結婚指輪に入れる刻印のメッセージも国際色豊かになっています。
現代の結婚する年代の若者は、子供のうちから海外に出る人も多く、結婚式はハワイでとか、イタリアでという人もいます。
そんな人は、ハワイ語やイタリア語で愛の言葉を結婚指輪に入れるのもおすすめです。
メッセージとしては、永遠にとか生涯一緒とかいう意味のものが人気が高いです。
やっぱり日本人に馴染みが深いのは英語なので英語の愛の言葉も選ぶ人が多いです。
LOVEを使う人よりLOVE以外の言葉を使ってメッセージにするケースも増えています。
2人が納得できるメッセージを見つけて刻印すれば更に絆が深まること間違いなしです。

 

関連情報